カーコーティング剤・板金工具・ガラスコンパウンドなど整備用具のことならおまかせください

「松山整備用具センター ONLINE SHOPPING SITE」は、カーコーティング剤や板金工具・ガラスコンパウンドをはじめ、モノづくりにかかせない整備用具を多数取り揃えた通販ショップです。


刷毛の使用と洗浄方法及びローラーの保存方法 - : 松山整備用具センター ONLINE SHOPPING SITE

刷毛の使用と洗浄方法及びローラーの保存方法

刷毛の使用方法
その1使う前には不要な毛をとりましょう
新しい刷毛には接着剤にしっかり固定されていない不要な毛(抜け毛)があります。

そのまま塗装すると、塗装面に毛がつき綺麗な仕上がりになりません。

刷毛の柄を両手に挟んで、クルクル回転させると不要な毛が浮いてきます。

毛をもんで、不要な毛を良く取って下さい。使用前には、毛払い後、使用する塗料の希釈剤に浸して馴染ませると刷毛が固まりにくくなります。

その2 刷毛の持ち方は箸を持つような感じで
柄を短く持ちすぎずに箸を持つような感じで持ちます。

力を入れずに、手首のスナップで塗るようなイメージです。

その3 塗料は刷毛の毛丈1/2から2/3程度に
塗料は、毛丈の1/2から2/3程度均一に含ませ、新聞紙やベニヤなどの面に塗り付け動作をして毛束の芯まで塗料
を含ませ、毛束の形を整えます。

塗料のつけ過ぎは塗料ダレをおこしたりムラが出来て上手く塗る事が出来ません。

下げ缶の縁を使って塗料をきり、適度な含みになるよう
調整しましょう。

その4 刷毛の上手な塗り方
塗る際は、刷毛を寝かせないように、毛を塗面に対して垂直の状態で塗ります。

こうすることにより、毛のスジが出にくくキレイに塗る事が出来ます。

塗装面に塗料を縦方向に配るように塗った後、横方向から塗料を均一にします。

最後に塗料をよくしごいた刷毛で縦方向に刷毛目を整えます。

※一度に塗る面積は約80cm角を目安にしましょう。細かく塗っていくとムラになりやすいので注意が必要です。

刷毛の使用上の注意点
使用前の注意点
刷毛は長時間使用すると塗料が根元に溜まって硬化し、毛先がまとまらなくなる等の不具合が生じやすくなるため、使用前に塗料の希釈剤(水・シンナー)に浸してから使用すると刷毛の根元硬化がしにくくなり、長時間スムーズな塗装が可能です。
使用中の注意点
そのまま空気中に放置すると、短時間でも刷毛が固まる恐れがあるので、必ず塗料や希釈剤に
浸漬しておきましょう。
使用後の注意点(刷毛の洗浄方法)
刷毛を使用した後は、刷毛内の残留塗料を良く掻き出した後、使用塗料の希釈剤で根元まで良く洗い陰干しをしましょう。

短期間内に再塗装するのであれば、刷毛内の残留塗料を良く掻き出した後、毛が隠れるぐらい使用塗料の希釈剤に浸けておくだけで良いです。

水性塗料は水で洗い、油性塗料はうすめ液で、毛束の芯まで良く洗って下さい。洗い残しがあると塗料が固まって次回使用できなくなってしまうからです。水が汚れなくなったら中性洗剤で洗い水ですすぎます。最後に水を切ったら毛束の形を整えて、紙などに包んで陰干しします。

化繊刷毛の洗浄方法(推奨)
ヘラ等を使用して塗料をしごき出す 使用塗料の希釈液にて洗浄 ラッカーシンナーで揉み洗い 中性洗剤で仕げ洗い
水気を切って風通しの良い日陰で乾燥 流水ですすぎ洗い

ローラーの使用方法
その1 ローラーに塗料を馴染ませる
新しいローラーを使う前に毛払いをします。ローラーをネットの上で転がし、気泡が出なくなるまで塗料を充分に馴染ませます。ローラー全体へ均一に塗料を含ませる事がポイントです。
その2 ローラーの転がし方(例)
例 1
最初に塗料をW字に配り塗りします。塗料を均一に塗り広げ、仕上げは下から上へゆっくり転がします。
例 2
最初にローラーについた塗料を適当に
配り置きします。
次に塗料が均一に広がるように縦横に
塗りのばします。
仕上げはローラーを下から上へ一定
方向に転がします。

勢いよく転がすと、遠心力で塗料ミストが跳ねますので注意が必要です。
ローラーの保存方法
ローラーは繊維が細く塗料が絡みやすいため刷毛よりも洗浄し辛いのが現状です。
推奨する保存方法
使用した塗料に浸漬させる。
・残った塗料を良く絞り出した後、その塗料の希釈剤(シンナー・水)
に浸漬させる。
・空気に触れない様、ビニール袋に入れて密封保管する。

★★★★★★★★★★★★★  下記よりご注文頂けます  ★★★★★★★★★★★★★

ローラー・ハンドル のご注文はこちらからどうぞ!!

バケット・さげ缶・内容器 のご注文はこちらからどうぞ!!

水性用刷毛 のご注文はこちらからどうぞ!!

溶剤用刷毛 のご注文はこちらからどうぞ!!

   
お支払い方法 送料・配送 お届けについて・梱包・包装

■銀行振込・郵便振替
入金確認後の商品手配となります。振込手数料はお客様にてご負担願います。


■コンビニ決済
入金確認後の商品手配となります。


■代金引換
商品をお届けした際、配達員に代引き手数料をお支払下さい。
~ 21,600円未満: 324円
21,600円以上購入の場合は代引手数料無料

■送料
送料はお届け先1カ所につき
北海道 1,080円
本州 648円
四国 648円
九州 648円
沖縄 1,080円
ご注文合計金額6,480円以上の場合は送料無料となります。


■発送までの日数について
原則的に注文確定から5営業日以内に発送を行います。(商品により発送日は異なります)
納期がかかる場合は、ご注文後納期をお知らせします。


■海外発送について
海外への発送は行っておりません。

   

■お届けについて


商品の大きさ等によって運送会社を変更させていただくようになります。運送会社によっては時間指定ができませんので、その際は再度ご連絡をさせていただきます。

■梱包材について
商品の梱包材は、環境及びコスト削減の取り組みとして再利用ダンボール・緩衝材を使った荷姿での出荷とさせて頂きますことをご協力ならびにご理解いただきますようお願いします。


■ギフト包装について
ギフト包装は承っておりません。ご了承ください。

   
お問い合わせへの対応 返品・交換 休業日

出来る限り素早く御回答するように努めますが、問い合わせが集中した場合や、内容によってお時間を頂く場合がございます。 特に、土日祝日、年末年始、GW、夏期休暇にお問合せ頂いたメールは翌営業日より鋭意ご対応させて頂いておりますが、ご返答が遅れる場合がございます。予めご了承ください。

原則的にお客様のご都合によります商品の返品・交換は出来ませんが、下記の場合に限り、商品の交換を承ります。


※配送時に破損などがあった場合
※ご注文された商品と異なる場合

ご注文については毎日24時間受け付けておりますが、商品の配送およびメールの返信は基本的に土・日・祝日は定休となります。

   
領収証の発行について

■銀行振込・郵便振替
「銀行振込」もしくは「ゆうちょ銀行振込」であることを明記し、商品に同梱、または後日郵送させていただきます。


■コンビニ決済
お支払先で発行する領収証をもってかえさせていただきます。


■代金引換
配送業者が発行する代引金額領収証と引き替え発行となります。代引金額領収証を当店にご郵送ください。(この際の送料はお客様にてご負担ください。)確認後、「代金引換」であることを明記し、当店の領収証を発行しご郵送させていただきます。

   

検索条件

商品カテゴリから選ぶ
メーカーから選ぶ
商品コード・商品名を入力

現在のカゴの中

合計数量:0

商品金額:0円

カゴの中を見る